メガリスの基礎情報

・メガリスとは?・
メガリスの話をするには、まずシアリスを紹介する必要があります。シアリスは2007年に国内で発売開始された最新のメガリス勃起不全治療薬です。ご存じのバイアグラには「持続時間が短い」「食後や飲酒後に飲むと効果が薄くなる」などの短所がありました。しかし、シアリスにはそんな短所はありません。36時間の効果持続時間を誇り、食事や飲酒の影響も受けにくいため人気を集めています。また、バイアグラやレビトラといったメガリス勃起不全治療薬に比べて副作用がマイルドと言われており、安全性の高さにも定評があります。

・メガリスの効果について・
インドのマクレオーズという製薬会社よりシアリスのジェネリック製品としてメガリスの販売がされてます。メガリスは主成分にシアリスと同じタダラフィルが含まれており、服用して早い方であれば30分程度で効果が表れ、持続時間も24時間~36時間ととても長時間となっています。じっくり時間を掛けて性行為を何度も楽しんでみたいと考えている貴方に最適で、持続時間も長時間になる事から、服用のタイミングを考慮する事で2夜を楽しむことも出来そうです。水に溶けにくいタダラフィルが含有されていますので、性行為の3時間前程度には空腹時に水またはぬるま湯で服用します。1日1錠を上限とし、効果が感じられなくても続けて服用する際には最低でも24時間はあけて服用してください。食事には影響されにくいと言われていますが、本来の効果を得るため、出来るだけ暴飲暴食は避け、過度なアルコール摂取、高脂肪食、油の多い食品などは避けておいた方が良いでしょう。ニトリグリセリンや亜硝酸アルミなど、併用禁忌薬がございます、何らかの薬を服用されている方は禁忌薬の中に含まれていないか医師に確認したうえで服用してください。また、糖尿病などの生活習慣病や喫煙習慣のある方に比較的副作用が重く出やすいと言われていますので医師に相談のうえで服用してください。めまい、紅潮、一時的な視力障害、発疹、血圧低下、鼻づまり、筋肉痛、関節痛、消化不良、下痢などが報告されています。また、勃起力が強すぎて痛みを伴う時間が長い、目に充血や痙攣が収まらないといった様な症状の場合も服用を中止し、病院で受診を行ってください。

・メガリスの副作用・
メガリスには、タダラフィルという成分が含まれています。外箱に書いてある「20mg」という表記は、タダラフィルが20mg含有されているという意味です。勃起は海綿体に血液が流れ込むことで起こります。その血液が海綿体にとどまり続けている間は勃起が持続するわけですが、ずっとそのままだとまずいので、男性の体には勃起を解除する仕組みも備わっています。具体的には、PDE-5という酵素が活性化して海綿体の血液を解放することで勃起が解除されます。PDE-5は射精後だけでなく、性的刺激がないまま放置されたり、体がストレスを感じたりしても活性化し、勃起を解除するよう働きます。中折れなどの勃起不全を起こす人は、このPDE-5の活性化がすぐに起こってしまうことが原因と考えられます。ところが、タダラフィルは勃起解除に関わるPDE-5の働きを阻害します。PDE-5がうまく動作しなくなるため、いったん起こった勃起が持続しやすくなるのです。バイアグラに含まれるシルデナフィルなども同様の動作を行いますが、タダラフィルの方が副作用などのリスクが少ないと言われており、利用者が増えている要因となっています。実は、タダラフィルは前立腺肥大の治療薬としても使われています。PDE-5の活性化は排尿障害の原因にもなるのですが、タダラフィルを摂取することでPDE-5の働きが阻害され、排尿障害の治療に繋がることになるのです。なお、日本では2014年はじめにタダラフィルを含むザルティア錠が前立腺肥大の薬として承認されました。ザルティアには1錠にタダラフィルが5mg含まれているため、服用するとEDにも効果があるかもしれませんが、勃起不全治療薬としては処方されないので通常は手に入れることができません。やはりタダラフィルを利用したいならシアリスやメガリスを個人輸入するのがもっともてっとり早いと言えます。

■EDで悩んでいる人はココを参考に
>>ED治療対策シアリス正規品個人購入激安通販サイトです。日本で人気な男性用精力剤の効能効果とシアリスなどの世界有名なED治療薬をご紹介しています。

■お勧めのED治療薬
>>初めてのED治療薬バイアグラ