メガリスの副作用の詳細情報

メガリスとは、マクレオーズ・パーマスティカル社が開発したシアリスのジェネリック医薬品です。シアリスと同一成分のタダラフィルを配合していますので、効果や副作用が大体同じです。メガリスの効果は性的な刺激を受けた際にペニスへの血流を増加させる作用がありますが、メガリスの副作用もありますか?本文では、メガリスの副作用の情報についてご紹介します。

メガリスの副作用としては、頭痛やほてり、鼻づまりや動悸、胸焼けや胃のむかつきなどがあげられます。これらの副作用は、メガリスの主成分のタダラフィルが勃起障害の原因となるPDE5を阻害することで、全身の血管が拡張されるために引き起こされる症状です。なお、副作用の症状や程度は個人の体質によって異なります。偏頭痛、めまい、背痛、筋肉痛等の副作用が起きる可能性もあります。

メガリスの副作用を言えば、まずは顔のほてりです。これは血管の拡張作用によるもので血流がよくなるためです。ちょうどお酒を飲んだときに血流がよくなり顔が熱くなって赤くなるようなもので、あくまでも、一時的です。

そして、メガリスの副作用は、頭痛でした。ズキン、ズキンと強い痛みというよりは、頭をしめつけられるような弱い痛みであることが多いです。頭痛持ちの人は、症状が現れやすい傾向にあります。仮に我慢できないほどの痛みが生じた場合は、市販の頭痛薬で対応してもいいでしょう。バファリンやイブなどを事前に備えておくと、安心できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です